激痛をもたらす虫歯は歯科で治せる|歯並び改善は矯正歯科へ

治療する女性

虫歯治療のための処置

インプラント

歯科での治療項目として代表的なのが、虫歯への治療です。ブラッシングを怠ることで虫歯菌が繁殖し、歯を溶かしてしまうことで虫歯は発生します。初期段階では歯の黄ばみや濁りが発生しますが、中期ごろになると冷たい飲み物が滲みるようになります。この段階でも虫歯を放置すると、虫歯菌が神経まで侵食してしまうため、歯茎の腫れや激痛が引き起こされるようになります。神経まで菌が到達した場合、治療による痛みの除去と細菌の汚染を防ぐため、根管治療と呼ばれる方法で歯の神経を取り除くのです。神経を取り除いた後は、虫歯の再発を防ぐために徹底した洗浄を行ないます。根管治療を行なう場合、事前にしっかりと麻酔処置を行なうので、痛みによる負担を感じずに治療を終えることができるでしょう。

虫歯治療の際、もしも歯の神経を残した状態にすると、歯茎や歯の根に膿が溜まるようになるため、注意が必要となります。歯根の神経は虫歯による影響で壊死すると、内部で膿が発生するようになります。歯の根の先や歯茎に膿が発生し、咀嚼時の痛みや歯茎の炎症など、さまざまな問題が現れるようになります。根管治療によって死んだ神経を取り除くことで、治療後の痛みや膿などのリスクを回避することができるでしょう。根管治療では、歯の神経を取り除いたあと、ガッタパーチャと呼ばれる薬を詰めて治療を行ないます。神経を取り除いて空洞のまま放置すると、再度虫歯が発生する場合があります。細菌が入り込む隙間をしっかりと防ぐことで、虫歯菌が繁殖する場所を与えずに済むのです。