激痛をもたらす虫歯は歯科で治せる|歯並び改善は矯正歯科へ

治療する女性

歯を失ってしまう病

women

多くの人は80歳までにほとんどの歯が抜け落ちてしまいますが、その原因として挙げられるのが歯周病です。歯と歯茎の間にある歯周ポケットと呼ばれる場所に、菌が入り込むことで歯周病は発生します。歯周ポケットは歯磨きによって洗浄することが難しく、痛みなどの症状も現れにくいので、多くの人が気づかない内に症状が進行してしまいます。放置すると菌がもたらす歯茎へのダメージにより炎症が起き、徐々に歯茎が後退してしまいます。歯を支える歯茎が後退すると、歯の安定性が欠けてしまい、抜け落ちるリスクが大きくなるのです。自覚症状の少ない歯周病を防ぐには、専門の歯科で定期的に口腔内をチェックしてもらう必要があります。大阪の堺市にある歯科へ定期的に通うことで、歯周病の早期発見と治療を行なうことができるでしょう。

堺市の歯科では、隅々まで歯や歯茎の状態を調べてくれるので、発生初期の歯周病もすぐに見つけてくれます。堺市の歯科が行なう歯周病治療は、主に歯周ポケットへの清掃が挙げられます。繁殖する菌のエサを取り除けば、これ以上の症状の進行を抑えることができるでしょう。歯周病による症状が重症化した場合、堺市の歯科では歯周ポケット清掃に加え、歯茎の殺菌と抗炎症作用を持つ薬剤を使用します。歯周ポケット内で増えすぎた菌を除去し、さらに歯の脱落を招く歯茎の炎症を抑制することで、抜けてしまうリスクを低減させられるのです。場合によっては歯茎の切開を行ない、膿の除去と歯周病菌の殺菌も行なうため、歯周病による症状を確実に改善させてくれます。